メインイメージ

制服の洗い方

幼稚園での制服の洗い方について

幼稚園入園がきまると、園指定の日に採寸が行われ、制服業者に注文します。日頃の衣類と違って、幼児の服としては高価といえるものであり、真新しい制服をみていると、洗い方に悩むかもしれません。大人のスーツや背広のようにクリーニングにだしたくなるようなイメージのものですが、毎日あちこち汚して帰ってくる年代ですから、頻繁にださなければならなくなってしまいます。しかし、実際は幼稚園の制服はある程度は家で洗うことができます。洗濯表示にも記載されていますが、家にある洗濯機で弱流で洗う、もしくは手洗いモードで洗えばよいのです。

干すときは形を整えて陰干しすればよいのです。女の子のプリーツスカートも、最近の洗濯機ではとれてしまうことはほぼありません。洗濯機を回したあと、濡れたままいつまでも放置しておかずに、きちんと干せば、プリーツもきれいなままで大丈夫です。制服には、ジャケットであれば脇の下部のあたり、スカートやズボンなら内側のポケットの袋部分などに洗い方を表す洗濯表示が載っていますから、それらの指示に従って家で洗濯すればよいのです。また、幼児期は毎日汚します。泥遊び、水濡れ、食べこぼしなど、いくら洗っても足りないほどで、汚されることが幼稚園での活動の活発さを物語っていたりします。

制服の洗い方が洗濯表示通りで正しかったとしても、あまりに頻繁に制服を洗っていると、生地が傷んでしまいます。幼稚園から帰宅して、制服をある程度チェックし、ブレザーやスカート、自分などでの汚れの度合いをチェックして、洗濯機で全体的に洗わなければならない度合いであれば、洗い方の指示に従って洗う必要がありますが、それ以外の小さな汚れであれば、洗面台やお風呂などで簡単に手洗いして頻度を下げることも得策です。ただし、ブラウスやシャツなどは、長時間着用したり、汗を吸ったりしていますから、できるだけ洗い替えを用意してきちんと清潔なものを着せなければなりません。

このように日々は自宅で洗濯して対応し、学期末、年度末などにはクリーニングにだすのもよいでしょう。きれいにプロに洗ってもらい、形を整えて保管して、新しい気持ちで次の季節を迎えることも新鮮です。幼稚園で何の汚れがつけてきたのか分からない場合や、何かは分かっているけれどもひどい場合などは、やはりクリーニングにだすことをお勧めします。その汚れに合った洗い方、というものがあり、自分で先に洗濯してしまうことがかえってマイナス要因となり、汚れが落ちにくくなることもあるからです。このように無理なく正しく洗うことで、幼稚園生活をぱりっと気持ちよく続けたいものです。

Copyright© 2015タクシー転職で失敗しないために All Rights Reserved.