メインイメージ

制服を現金化

幼稚園の制服はオークションで現金化することが可能です

幼稚園の制服は、一般的には3年間着用することになります。ただし、3年間ずっと着用するわけではなく、夏服と冬服とがあって交互に着用します。6年間通うことになる小学校と異なり3年間のみですし、なおかつ交互での着用なのですから、卒園しても比較的きれいな状態という場合も多いです。年中や年長になってから入園した場合には、着用する期間がさらに短いので、きれいな状態で残る可能性が一層高くなります。成長などの理由で、途中で買い替えをした場合も同様です。そのような場合に、記念に手元に残しておく人もいますが、オークションなどで売って現金化する人も多くいます。

オークションは、多くの場合はインターネットのオークションサービスを利用しておこなうことになります。その幼稚園への入園を希望している人、または制服の買い替えを希望している人などが、買い手となってくれます。また、入園予定などがなくても、趣味で幼稚園の制服を収集している人もいます。インターネット上でのオークションでは、そのような人からも入札してもらえる可能性があるのです。買い手がつかない場合もあるので、買い手をつけるため、できるだけ良い状態で出品したり、価格を抑えたりする工夫が必要になります。購入を希望する人が多く集まれば、それだけ高く売れることになります。

また、オークションで売る予定がある場合には、あらかじめ制服を大事にしておく工夫も必要になります。破れないように、汚れがつかないようにしておくのはもちろんですが、名前を書き込んだり刺繍をしたりすることも、避けた方が良いです。幼稚園の制服には、多くの場合タグに名前を記入するスペースがあります。そこに油性マジックなどで名前を書いたり、刺繍で名入れをしたりする人が多いのですが、それらをしない方が、オークションでは高値で売れる可能性が高くなります。名前シールやワッペンなどを利用すれば、制服に直接記入したり刺繍したりせずに済みます。

また、オークションで買い手がつかなかった場合には、知り合いに譲ったり、幼稚園に寄贈したりすることもひとつの手です。知り合いに譲る場合は、その知り合いにもよりますが、何らかのお礼がもらえる可能性が高いですし、感謝される分人間関係が円滑になる場合が多いです。寄贈は、受け付けている幼稚園に対してのみ、おこなうことができます。寄贈した制服は、幼稚園で子供がおもらしをした場合などの着替えとして使われたり、入園する人に貸し与えられたりします。いずれの場合も有効活用されるわけですから、無駄にならず人の役に立てるということで、最初から寄贈を選択する人も多くいます。

Copyright© 2015タクシー転職で失敗しないために All Rights Reserved.